話し合う男女

恋愛・結婚

離婚の慰謝料を少しでも多くもらう方法とは

浮気発覚後、離婚を前提に話を進めていく場合、今後の事も考えると少しでも多くの慰謝料をもらっておきたいというのが本音ではないかと思います。 

 

しかし、専門の知識を持っているならまだしも多くの方は慰謝料増額の方法についてご存じないはずですので、まずは方法を知ることから始めなくてはいけません! 

 

そこで今回は、「離婚の慰謝料を少しでも多くもらう方法とは?」というテーマでお送りさせていただきましょう! 

 

探偵社選びに迷ったら・・

探偵事務所選びに悩んでいる人におすすめなのが、探偵探しのタントくんです。厳しい審査を通過した探偵社の中から、あなたの目的や予算にあった探偵社を無料で紹介してくれます。

 

  • まだ探偵に依頼するかどうか迷っている
  • 信頼できる探偵に頼みたい
  • 浮気調査の費用相場がわからない
  • 誰にも相談できず一人で抱えている
  • できれば匿名で相談したい

もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、探偵探しのタントくんへご相談ください。

▼電話で無料相談(365日24時間対応)▼

0120-110-536

今すぐタントくんへ無料相談する

離婚の慰謝料を少しでも多く貰う方法について

離婚の慰謝料を少しでも多く貰う方法については以下の通りです。 

 

  • 浮気の確たる証拠を集める 
  • 養育費の算定表を使わない 
  • 慰謝料請求の実績を持つ弁護士に依頼する 
  • 周囲の人から陳述書を集める 

などですね。 

 

浮気の確たる証拠を集める

離婚を前提に慰謝料を貰う場合、通常の基本慰謝料に加え、離婚基本慰謝料が加算されますので、金額も大きくなる傾向にあるのですが、慰謝料の額を左右する要素の一つである「有責度」は相手側に責任がどの程度あるかにより、数値が高まる仕組みとなっていて、数値が高くなればなるほど、慰謝料の額も高額になるように出来ています。 

 

そのため、浮気していたという確たる証拠を集めることは相手側の責任の度合いを明確にすることができますし、浮気していた原因が完全にパートナーにあるとしたら、それを示すことで増額を狙うのも十分に可能ですね! 

 

関連記事:浮気不倫が原因で離婚する際の慰謝料相場と計算方法

 

養育費の算定表を使わない

これは子供がいるケースでの話になるのですが、子供がいる場合には養育費の問題も生じてきます。 

 

ただ、養育費を貰えるとしても裁判等を利用した場合、算定表に基づいて最終的な金額が決められるわけですが、算定表を基にした金額はパートナーの収入如何で変わってくる部分があるため、納得のいく結果が得られるとは言い難い面もありますね。 

 

しかし、裁判を介した離婚以外の方法、例えば協議離婚を行うことでパートナーに算出表の内容を知らせずに自分の希望額を伝え、その要望を相手側に飲ませることにより、算出表に記されている金額よりも多めに貰うことは不可能ではありません! 

 

ただし、注意点として協議離婚の場合には当人同士での解決が求められるため、トラブルが起こりやすいことは覚えておいてください! 

 

慰謝料請求の実績を持つ弁護士に依頼する

一般的に裁判を介して慰謝料を得ようとする場合、弁護士に依頼する形を取る方が多いと思われるのですが、このときに慰謝料請求が得意な弁護士に依頼するのも重要なポイントになります。 

 

当たり前ですが、誰に依頼しても同じ結果が出るわけではありませんし、腕の良い弁護士ならば、置かれている状況や証拠などから最善の結果を出してくれますので、必然的に慰謝料の金額も多くなってくるでしょう! 

 

問題となるのは腕の良さを見極めることになってくるのですが、依頼する前でも解決実績などをネット上に記載している弁護士もいますから、確かな実績を持つ弁護士に依頼することでよりベストな形に持っていくことは可能だと思いますよ! 

 

周囲の人からの陳述書を集める

これはただ単に集めればいいというものではありませんが、自分が受けた精神的苦痛を第三者に証明してもらうことには意味が出てきますね! 

 

第三者の意見は当事者らに比べると優先度の低い声に過ぎないものの、当事者以外にもそうした意見が出ているという事実は裁判にも影響を与える可能性はありますし、大幅な増額は見込めなくとも少しでも多く貰うという話ならば、試してみる価値はあるかと思います。 

 

 

以上、「離婚の慰謝料を少しでも多くもらう方法とは?」についてでした。 

 

大幅な増額を狙うのであれば、「浮気の確たる証拠を集めること」が何より効果的と言えるのですが、「腕のいい弁護士に依頼できるかどうか」も裁判の行方を大きく左右しますので、慎重な判断が求められるかと思いますね。 

 

「算定表を使わない」ことや「周囲の人の陳述書を集める」のも一定の効果は期待できますが、やはり浮気の証拠集めと信頼できる弁護士への依頼を重点的に考えた方が良い結果が得られるかと思いますので、まずはそちらの側を優先的に進めるといいでしょう! 

 

加えて、状況次第で「算定表を使わない」方法や「周囲の人の陳述書を集める」やり方も取り入れていくと満足のいく結果が得られるかと思いますよ! 

 

あなたにピッタリの探偵事務所を2分で無料診断!

探偵さがしのタントくん

数多くある探偵事務所の中から、どの事務所を選べばいいかわからないという方には、探偵探しのタントくんがオススメです。探偵探しのタントくんは大手探偵からテレビで有名な事務所まで、自分の目的や予算にあった探偵事務所を探すことができる紹介サイトです。

 

直接事務所に出向き徹底的な調査をおこなった上で、良質な探偵社だけが厳選されています。探偵という業種に不安を感じている人は、そんな悩みも含めタントくんで匿名での無料相談も可能なので是非利用してみてください。

▼電話で無料相談(365日24時間対応)▼

0120-110-536

今すぐタントくんへ無料相談する

関連記事

  1. ドアを開ける

    不倫・浮気

    旦那の朝帰りを減らすには?浮気の可能性を見極める5つの方法を紹介!

    自分は家事育児に追われているのに、旦那は呑気に朝帰り…。これではイライ…

  2. 離婚

    不倫・浮気

    浮気で離婚!慰謝料の請求以外に注目すべき2つのポイント

    もしかして、浮気?!信頼して共に生きてきたパートナーの裏切りは、許せな…

  3. カップル

    不倫・浮気

    【海外の浮気事情】日本人は海外に行くとモテる?男女共に考察

    よく「日本人は海外に行くとモテる」と言われますが、そもそも何故モテるの…

  4. 妊娠

    不倫・浮気

    不倫相手を妊娠させてしまった場合の対処法!慰謝料や養育費・認知など

    不倫は様々なリスクが生じる行為ですが、そのうちの一つとして挙げられるの…

  5. カメラ

    不倫・浮気

    過度の束縛愛は離婚の元?キンタロー。もGPSとカメラで旦那を監視

    浮気調査の代表的な方法としてGPSやカメラで監視するというのがあるので…

  6. 離婚届

    恋愛・結婚

    10代・20代に結婚した夫婦は離婚率が高い!?

    皆さんは10代・20代という早い段階で結婚した夫婦の離婚率が高いことを…

最近の記事

  1. GPS
  2. 離婚調停
  3. ベッドで頭を抱える
  4. 腕を組む
  5. いがみ合う夫婦

アーカイブ

浮気調査のプロなら原一探偵事務所

料金が明確でリーズナブルな総合探偵社TS

成功報酬&後払い方式だから安心して依頼できるHAL探偵社

  1. 血液型

    不倫・浮気

    【男性編】浮気不倫しやすい血液型ランキング
  2. 家族円満

    不倫・浮気

    夫の単身赴任中の妻の浮気は確認できる!浮気をしやすいタイプも大公開
  3. 考え方

    不倫・浮気

    浮気を正当化する男の心理と今後どう動けば良いのか?
  4. 岐阜県

    探偵事務所の口コミ評判

    【浮気調査】岐阜で本当に信頼できる探偵事務所3社
  5. SNS

    SNS浮気

    浮気がラインでバレない4つの理由と見つけるための3つの方法
PAGE TOP