電卓

不倫・浮気

浮気の慰謝料の相場と金額を決める7つの要素

パートナーの浮気が発覚し、浮気相手に慰謝料を請求したいと思っている方!どのくらいの金額をもらえるのか気になるのではないでしょうか。一般的に言われている慰謝料の相場は、100万~500万と幅広くなっています。しかしこんなに幅があるのには理由があり、慰謝料の金額は要素によって決められるのです。

 

そこで今回は、慰謝料の相場を決める7つの要素と、どのくらい慰謝料が貰えるのか計算してみましょう。

 

探偵社選びに迷ったら・・

探偵事務所選びに悩んでいる人におすすめなのが、探偵探しのタントくんです。厳しい審査を通過した探偵社の中から、あなたの目的や予算にあった探偵社を無料で紹介してくれます。

 

  • まだ探偵に依頼するかどうか迷っている
  • 信頼できる探偵に頼みたい
  • 浮気調査の費用相場がわからない
  • 誰にも相談できず一人で抱えている
  • できれば匿名で相談したい

もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、探偵探しのタントくんへご相談ください。

▼電話で無料相談(365日24時間対応)▼

0120-110-536

今すぐタントくんへ無料相談する

そもそも浮気で慰謝料の請求はできるのか?

浮気されただけで慰謝料がもらえるのか!と疑問になったことはありませんか?それは、パートナーとの関係によって慰謝料を請求できるかどうか判断できます。

浮気で慰謝料を請求できるのは婚姻関係の場合

結婚しているのにもかかわらず、浮気をされていたら慰謝料は請求できます。当事者の故意にもとづく行為ですし、夫婦の仲を破綻させる点で違法だといえるからです。ただし、夫婦関係が壊れていてその後に浮気された場合や別居後別の人と関係を持った場合は慰謝料は請求できません

恋人同士の場合は慰謝料の請求は難しい

浮気の慰謝料というのは、浮気によって平和な結婚生活(婚姻していること)を侵害された時に請求できる権利です。結婚していない恋人同士は、基本的に恋愛は自由という考えをもっているため、このような権利がありません。ですので慰謝料を請求することは難しくなります。

内縁関係の場合には慰謝料の請求は可能

内縁夫婦とは、事実上は夫婦関係があり一緒に夫婦生活しているが婚姻届を出していない男女の関係のことをいいます。

内縁関係の条件は、「一緒に暮らしている」「双方に婚姻の意志がある」ということが必要です。この二つの条件を満たしていれば法律上は婚姻していないことになっていますが、結婚している夫婦と同じ扱いになり慰謝料請求できます。

婚約中の場合は慰謝料の請求が可能

結婚前でも婚約している場合は、慰謝料請求できます。ただし、婚約しているという証明が必要になってきます。

  • 結納を交わしている
  • お互いに結婚の同意をしている
  • 婚約指を送っている
  • 結婚することを両親や友人に報告している

このように、二人が結婚するという意思があれば慰謝料請求ができます。中には「結婚しよう!」と口約束だけで、いざ慰謝料請求の話を持ち出すと「そんなことは言ってない!」と言われるかもしれません。そういった場合、慰謝料請求が難しくなります。

浮気での慰謝料の相場

浮気が発覚し慰謝料を請求するなら、どのくらいの慰謝料がもらえるのか気になるのではないでしょうか。そこで浮気による慰謝料の相場について説明していきます。

浮気の慰謝料の相場はケースによって変わるもの

浮気の慰謝料はケースによってかわってきます。例えば、「婚姻期間」「財力があるか」「浮気していた期間」「ショックの大きさ」などいろんなケースがあります。また、浮気以外に「DV」「モラハラ」「怪我などを負わせた」といった場合は、さらに慰謝料が高額になることもあります。

浮気の慰謝料の相場は100万円~500万円と幅が広い

浮気の慰謝料の金額には明確な基準がないため、一概にこの金額ということは断定できません。さきほど上記で述べたように、ケースによって100万~500万と幅が広くなっています。

 

例えば、浮気をしたが離婚や別居をせずに夫婦関係を継続する場合は約50万~100万、浮気が原因で別居や離婚した場合は約100万~300万になります。さらに状況が悪いことによっては約500万になることもあります。

浮気で慰謝料の相場を決定する7つの要素

どのように浮気の慰謝料の相場を決めているのか気になるのではないでしょうか。決め方としては考虜すべき事情を一つずつみていき判断して金額を決めています。その考慮すべき7つの要素をまとめてみました。

1)夫婦関係が以前から良好だったかそうではなかったか

浮気の発覚以前の夫婦関係が良好で家庭生活は円満だったか、崩壊寸前だったかということで金額はかわります。もし家庭円満であった場合、浮気によって起こった精神的損害が大きいと判断されるため慰謝料請求ができます。

 

ただし、お互いが冷めきっていた状態で浮気された場合、浮気によって夫婦関係が壊れたわけではないので慰謝料の請求はできません。

2)浮気する前から夫婦が一緒に暮らしていたのかどうか

浮気をする前から一緒に暮らしていれば慰謝料の請求はできます。ただし、別居している時に浮気された場合は、夫婦が他の異性と関係をもっても法定離婚の原因に満たしていないので慰謝料請求はできません。

3)結婚して何年になるのか

結婚期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になります。それは、結婚して1年~2年くらいだと一緒いた期間が短いのでショックの大きさが少ないですが、結婚生活が長いほど心の傷は大きくなるからです。

4)浮気をしていた期間はどのくらいなのか

浮気をしていた期間で左右されます。浮気の程度が悪質にだったり、浮気に回数が多かったり浮気の期間が長かったりするほど裏切られたショックは大きくなるので、慰謝料は高額になります。

5)浮気がわかった時に謝罪したかしなかったか

浮気をしているのにもかかわらず「浮気していない!」と嘘をつき続けていて謝罪すらしないという時もあります。しかし、裁判により浮気の行為が明らかになった場合は、誠実さがないということで判断され慰謝料が高額になります。

6)浮気は配偶者と相手とどちらが積極的だったのか

どちらが浮気に積極的であったかによって判断されます。浮気相手が、家庭を積極的に壊そうとした場合は、慰謝料は高額になります。例えば、別れさせるために写真を送りつけたり、家族や身内に浮気していることを伝えたような行為が悪質と判断されます。

7)浮気した配偶者の財力があるかないか

浮気した配偶者に財力があるかどうかでかわってきます。それは、経済的事情があまり良くない浮気相手に慰謝料請求しても支払うことができません。逆に高収入な人ほど高い金額でも支払ができることになるからです。

財力がある人ほど慰謝料は高額になります。

慰謝料を計算する方法

慰謝料の相場の計算方法については、正確には定められていません。しかし、基本的には以下の式で算出されると言われています。

 

【基本慰謝料(100万円)+相手の年収(3%)+離婚基本慰謝料(100万)】×婚姻年数×有責度×調整係数-50万

になります。実際に請求額は計算した金額の1/2~1/3程になります。

 

  • 【有責度】‥‥責任がどちらにあるのか、また、どの程度あるのかを示します。相手だけに責任がある場合は1.0、自分の方にも責任がある0.2~0.9になります。
  • 【調整係数】‥離婚した後一人で生活できる能力の有無を示します。ひとりで生活できる(配偶者とほぼ同程度の収入)場合は0.7、生活が厳しい(働いたことがない、無収入)場合は1.3になります。

これらの計算式はあくまでも目安なので、計算通りの金額が貰えるわけではありません。あくまでも参考程度の留めておいてください。では、計算していきましょう。

結婚して1年~5年の場合の慰謝料の計算

夫が浮気して100%悪い場合(結婚して3年、夫の年収450万、妻の年収350万)

 

【慰謝料100万+年収の3%(13万5千)+離婚慰謝料(100万)】×年数3年×有責度1.0×調整係数0.7-50万=約398万

 

請求額(1/2~1/3)は132万~199万

結婚して5年~10年の場合の慰謝料の計算

夫が浮気したが妻にも欠点があり家事をほとんどしなかった。(結婚して10年、夫の年収600万、精神疾患のある専業主婦)

 

【慰謝料100万+年収の3%(18万)+離婚慰謝料(100万)】×年数10年×有責度0.5×調整係数1.3-50万=1367万

 

請求額(1/2~1/3)は、454万~683万

結婚して10年以上の場合の慰謝料の計算

夫が浮気して100%悪いが、すでに夫婦関係は冷え切っている(結婚して15年、夫の年収800万。妻の年収100万)

 

【慰謝料100万+年収の3%(24万)+離婚慰謝料100万】×結婚年数15年×有責度0.8、調整係数1.0-50万=2638万

 

請求額(1/2~1/3)879万~1319万

【まとめ】浮気の慰謝料は相場通りにはもらえない事もある

慰謝料は「結婚生活をしている」「婚約中」の条件を満たしていれば慰謝料の請求はできます。

一般的にいう慰謝料の相場は100万~500万と幅広く、いろんなケースによって金額がかわってきます。結婚年数や浮気の状態、財力があるかどうか、責任がどちらにあるか、離婚後ひとりで生活できるかどうかなど‥‥

 

こういった考慮すべき点は一つずつ調べていき判断します。その上で慰謝料相場の計算方法に基づき計算していきます。ただし、決して計算通りの金額をもらえるわけでもないので、大体これくらいはもらえると思っていた方が良いでしょう。

 

あなたにピッタリの探偵事務所を2分で無料診断!

探偵さがしのタントくん

数多くある探偵事務所の中から、どの事務所を選べばいいかわからないという方には、探偵探しのタントくんがオススメです。探偵探しのタントくんは大手探偵からテレビで有名な事務所まで、自分の目的や予算にあった探偵事務所を探すことができる紹介サイトです。

 

直接事務所に出向き徹底的な調査をおこなった上で、良質な探偵社だけが厳選されています。探偵という業種に不安を感じている人は、そんな悩みも含めタントくんで匿名での無料相談も可能なので是非利用してみてください。

▼電話で無料相談(365日24時間対応)▼

0120-110-536

今すぐタントくんへ無料相談する

関連記事

  1. 家出

    不倫・浮気

    妻は家出をしたがっている率は70%弱!その理由と対策とは

    既婚女性の約7割が家出をしたいと思ったことがあるという事実を知っていま…

  2. 合コン

    不倫・浮気

    既婚者が合コンに行く4つの理由と対処法

    既婚者が合コンへ行く……ちょっと信じられない、という方もいるかもしれま…

  3. お金

    不倫・浮気

    浮気と法律の関係と慰謝料を請求する時の3つのポイント

    愛を誓ったパートナーに浮気という裏切りを受けたら、さぞかし怒りを覚える…

  4. ハンマー

    不倫・浮気

    既婚者とは知らずに不倫してしまった場合は慰謝料請求できるの?

    浮気や不倫をされてしまった人は慰謝料請求を行う権利を持っているのですが…

  5. 音楽を聴く外国人

    不倫・浮気

    旦那に浮気・不倫されたショックから一日も早く立ち直る方法

    パートナーに浮気や不倫をされてしまった場合、その後の関係がどうなるにし…

  6. %e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%92%e6%93%8d%e4%bd%9c%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba

    不倫・浮気

    浮気をする夫(旦那)が必ず取る特徴や行動パターンとは?

    夫婦生活は円満であるに越したことはありませんが、必ずしも円満であること…

最近の記事

  1. GPS
  2. 離婚調停
  3. ベッドで頭を抱える
  4. 腕を組む
  5. いがみ合う夫婦

アーカイブ

浮気調査のプロなら原一探偵事務所

料金が明確でリーズナブルな総合探偵社TS

成功報酬&後払い方式だから安心して依頼できるHAL探偵社

  1. スマホを見る

    浮気調査の基礎知識

    浮気メールを発見した時に実行すべき3つの調査法とは?
  2. 頭が痛い妊婦

    不倫・浮気

    妊娠中に旦那の浮気発覚!離婚するか、関係修復するかそれぞれの対処法
  3. 結婚式

    恋愛・結婚

    一番幸せになれる結婚のタイミングと適齢期について
  4. カップル

    不倫・浮気

    キスや手をつなぐはセーフ!?法律上の浮気の境界線
  5. レシート

    不倫・浮気

    浮気?怪しいレシート3つのチェックポイントと証拠集め
PAGE TOP